HOMETOWN<ホームタウン>

KIZUNA未来プロジェクト

(ホームタウン)活動

KIZUNA未来プロジェクト

KIZUNA未来プロジェクト

(ホームタウン)活動について

地域のシンボルたる

プロサッカーチームとして、

豊かなスポーツ文化の創造、

青少年の健全な育成

および地域の活性化に寄与

写真紹介 ホームタウン活動の様子。ベガっ太とルターナの人形を持つ子どもと地域連携課スタッフ

Jリーグでは、Jクラブの本拠地として定めた特定の市町村を、「ホームタウン」と呼んでいます。そして、「Jクラブはホームタウンにおいて、地域社会と一体となったクラブ作り(社会貢献活動を含む)を行い、サッカーをはじめとするスポーツの普及および振興に努めなければならない」(Jリーグ規約第24条)とされています。ベガルタ仙台でも、選手、スタッフ、クラブコーディネーター、ベガッ太、ルターナ、ベガルタチアリーダーズを中心に様々な活動を行っています。クラブコンセプトに地域との関わりを掲げ、仙台市、宮城県を中心にホームタウン活動を通じて地域と連携し、街づくりを展開しています。

2020シーズン
KIZUNA未来プロジェクト活動実績

スポーツ振興活動 43回
地域連携活動 29回
社会連携活動 35回
復興支援活動 23回

(2020年 合計130回)

KIZUNA未来プロジェクト

絆 KIZUNA Football 4本の柱を基盤に活動を展開

こころもからだも健康で、多様性に富んだ

豊かな社会づくりを目指します。

1 スポーツ振興

【未来へつなぐ】

豊かなスポーツ文化の振興および国民の心身の健全な発達への寄与を図る。

  • 幼稚園キッズサッカーキャラバン
  • ユアスタのピッチで選手と遊ぼう
  • サッカー教室
  • チアダンス教室
  • ヨガ・フラダンス・ベリーシェイプなど
    ユアスタピッチでの各種スポーツ教室
2 地域連携

【地域とつながる】

地域の盛り上げに寄与、地域のブランディング向上に貢献する。

  • 小学校・児童館への選手訪問
  • 仙台七夕まつり参加
  • 地域の祭り・イベント参加
  • 商店街イベント参加
  • ベガルタ応援協力店
    (ベガルタKIZUNAパートナー)
  • 地域振興プロジェクト
  • 地産地消への取組
3 社会連携

【社会によりそう】

社会的問題の周知や解決につなげる。

  • メタボリック対策への協力
  • 刑務所での健康体操
  • 東北少年院サッカー教室
  • 院生とのボランティア活動
  • こどもの生活リズム改善向上運動
  • 社会を明るくする運動
  • 人権宣言活動
  • ストップ! 脳卒中
  • 足こぎ車いす寄贈
  • 福祉施設訪問
  • 中学校部活動指導者への指導者講習会
4 東日本大震災復興支援

【復興への道のりを共に】

各活動を通じて、地域によりそい元気を届ける。

  • 選手被災地訪問
  • 東日本大震災追悼式典参列
  • 復興支援サッカーキャラバン
  • 復興支援in石巻
  • 宮城・東北Dream Project
    (被災地招待事業)
  • こころもからだも元気Project
  • 被災地商店街訪問

スポーツ振興

地域に根ざしたプロサッカークラブとして、各地でサッカー教室などのスポーツ教室を実施しています。
多くの人にスポーツを通して元気を届けられるよう、そして「スポーツをする」「スポーツを観る」の両方に関わる機会を提供できるよう活動してまいります。

写真紹介 スポーツ振興のイメージ写真

地域連携

地域のお祭りや各企業が開催するイベントに積極的に関わる事で、地域の盛り上げに寄与し、商店街のブランディング向上に利用していただく取り組みなど、多岐に渡り活動しています。
仙台・宮城の魅力を発信し、「自分たちの住む街にはベガルタ仙台がある」という意識を持っていただき、応援してもらうことが、地域連携につながると考えております。

写真紹介 地域連携課スタッフと七夕飾り

社会連携

地域社会に支えられて成り立つクラブであるからこそ、社会連携活動に意欲的な姿勢でおります。“社会を明るくする運動”の啓発活動への参加や、少年院でのサッカー教室、刑務所での健康体操、子どものメタボ対策など、社会的問題の周知や解決につながる活動に力を入れています。
今後も社会から必要とされる存在になれるよう、活動してまいります。

写真紹介 社会連携活動中の地域連携課スタッフと子どもたち

東日本大震災復興支援

2011年3月11日、世界最大級規模の「東日本大震災」が発災。ベガルタ仙台では、震災直後から、選手・スタッフによる瓦礫撤去作業や、物資運搬、サッカー教室や健康体操教室などの支援活動を行いました。復興支援を目的としたサッカーキャラバンや健康体操教室は、今でも各地で継続的に実施しています。チームの始動日には、全選手・スタッフで被災地を訪問。
2011年から「宮城・東北ドリームプロジェクト」と称し、被災地の子どもたちを中心にホームゲームに招待しています。これからも被災地に元気を届けられるよう、活動してまいります。

写真紹介 復興支援活動の様子1

写真紹介 復興支援活動の様子2

宮城・東北Dream Project

写真紹介 Dream Project活動 記念撮影の様子

写真紹介 Dream Project ピッチのそばで試合前の練習を見学する子どもたち

復興支援サッカーキャラバン

写真紹介 サッカーキャラバンでの集合写真

こころもからだも元気Project

写真紹介 こころもからだも元気Project活動の様子