2019シーズン, 2019 マイナビ, 2019 マイナビ 練習風景

2019.4.25<マイナビ>トレーニング&Jヴィレッジ サッカー教室

今週土曜日に控えた浦和レッズレディース戦。チームは昨日、紅白戦を行ったこともあり今日のトレーニングからは調整の作業に入ります。

2グループに分かれてミニゲームを初めに行い、選手はリラックスした様子で取り組んでいました。

練習の最後にはチームとしての守備の確認を行いました。今節の対戦相手は浦和レッズレディース。攻撃的なチームということもありゴール前の守備をしっかりチームとして整理し、確認しました。

攻撃側の選手は守備の選手の裏を取る動き、ゴール前での精度を高めました。


【Jヴィレッジにてサッカー教室を行いました】

4月20日にJヴィレッジにて行われたジェフユナイテッド市原・千葉レディース戦。試合終了後のイベントとして、マイナビベガルタ仙台レディースとジェフユナイテッド市原・千葉レディースから選手・スタッフが参加し、サッカー教室を行いました。

マイナビベガルタ仙台レディースからは齊藤選手、田原選手、安本選手、宮本選手、樫本選手、上野GKコーチが参加し、子どもたちとサッカーを通じ楽しい時間を過ごすことができました。

2019シーズン, 2019 トップチーム, 2019 トップ 練習風景

2019.4.25<トップ>トレーニング

昨日のルヴァンカップ サガン鳥栖戦応援ありがとうございました。3年連続のグループステージ突破を決めることができ、チームはひとつ自信を深めることができたのではないでしょうか。この結果を勢いに変えて、週末のガンバ大阪戦に臨みます。

本日は11:00より泉サッカー場でトレーニング。日曜日に向けて、負荷を上げたメニューをこなしました。

ウォーミングアップ後のボール回しは並行して2種類行いました。守備側の選手たちは息をつく間もなく、ボールを追い続けます。レクリエーション的な要素を含みながらも心肺機能に刺激を与えます。ボール回し後にはスプリントも行いました。

続いてはゴール前での対人メニュー。相手からゴールを奪うために積極的にシュートを狙います。守備側も体を張って、攻撃を食い止めようとします。ゴール前の「際」の部分のレベルアップを図ります。

最後はミニゲーム。フリーマンを加えているので、数的優位の状況を作り出してゴールを狙いました。

トレーニング後の選手たちからは疲労の色が伺われ、トレーニングのハードさ、妥協することなくプレーしたことがこちらにも伝わってきました。本日もナイストレーニングでした。ガンバ大阪戦まであと2日間ですが、さらに自分たちを高めて、本番に備えます。

2019シーズン, 2019 マイナビ, 2019 マイナビ 練習風景

2019.4.23<マイナビ>トレーニング

本日のトレーニングブログはゴールキーパー練習の風景からお届け。ミニゴールを両サイドに置き、上野GKコーチが蹴るボールの軌道を判断しセービング。

キッカーの蹴る方向を見てから止めるこの練習では、相手との駆け引きや身体の向きをギリギリまで見極めます。

その後は実際のゴール前でのトレーニングに移り、近距離のシュートストップやダイビングキャッチなどを行いました。上野GKコーチからはキャッチング時の手の使い方やダイブする際の足の運び方などを指示していました。

フィールドの選手たちはポゼッション練習に励みました。小さい正方形のグリッドで対人形式のパス回しを行い、相手のプレッシャーが速い中で的確なパスとポジション取りを意識しました。

その後は幅を広げた中でのポゼッション練習を行い、コート全体を大きく使う意識やロングパスでの展開、広い視野が求められました。

6対6のミニゲームでは最優先事項として、まずは「ゴールを狙う」「シュートを打つ」ことを各選手が実践。先日の試合では無得点に終わってしまっただけに、ゴール前での精度を高めていかなければなりません。各選手が次の試合で勝利を掴みとるために、トレーニングに懸命に取り組んでいました。