ホームタウン

イリーゼ仙台柏木に「足こぎ車いすCOGY」を寄贈いたしました。

7月18日(木)、イリーゼ仙台柏木にて「足こぎ車いすCOGY」の寄贈を行い、クラブからガッ太が参加しました。

今年で10年目を迎える車いす贈呈は、ベガルタ仙台がリーグ戦のホームゲームにて勝利した際、「勝利賞」として株式会社TESS様からいただく車いす1台を、宮城県内の病院や福祉施設、支援学校やデイサービスセンターに寄贈しており、寄贈数は今回で52台となりました。

足を使って動かすことにより、単なる移動手段としてだけではなく、筋力強化・血行促進につながりリハビリ効果も期待されます。式の最初は、2m近いベガッ太へ向けて入居者さんから好奇な目が向けられていましたが、ホワイトボードでコミュニケーションをとるうちに和やかな表情へと変わっていきました。恥かしさもあり中々ツーショットに写ってもらえなかったベガッ太は、自ら足を運び積極的に写真やサイン対応に応じていました。

最後はお呼びいただいた感謝も込めて、ピアノの演奏を披露しました。楽曲は、ところどころ音程が怪しい所もある「ネコ踏んじゃった」。みなさまからは温かい拍手をいただき、笑顔に包まれた中で贈呈式は締めくくられました。

ただいまベガルタ仙台では、寄贈を希望する施設様を募集中です。みなさまからのお問い合わせをお待ちしております。

【寄贈についてのお問合せ】
株式会社ベガルタ仙台 運営・地域連携本部 地域連携課兼復興支援室 TEL:022-216-1021

【製品の特徴・概要についてのお問合せ】
株式会社TESS TEL: 022-353-9707 HP:http://www.h-tess.com/

ホームタウン

泉中央美化推進事業「春の花植え」に参加しました。

6月22日(土)、泉区が主催する泉中央美化推進事業の一環として、春の花植えが行われました。泉中央地区、七北田地区の子ども会を中心に262名が参加し、梅雨の合間の曇り空の下実施。ベガルタ仙台からは、ジュニアユースのU-14選手、20名が参加しました。


今回花を植えたのは、地下鉄泉中央駅とユアテクスタジアム仙台を結ぶ「ベガルタロード」。副キャプテンの内出峻介は、開会式の挨拶で「明日(23日)のホームゲームに来場するサポーターのみなさまをお迎えし、選手を 勇気づけるためにもきれいな花を精一杯植えたいと思います」と力強く宣言しました。

普段の練習で育んだチームワークを生かして、マリーゴールドやベコニアを手際よく植えていきました。

ホームタウン

医療法人総志会 住宅型有料老人ホーム モークシャ愛子に「足こぎ車いすCOGY」を寄贈いたしました。

6月3日(月)、「足こぎ車いすCOGY」の寄贈を、医療法人総志会 住宅型有料老人ホーム モークシャ愛子にて行い、ベガッ太が参加しました。

ベガルタ仙台では、リーグ戦のホームゲームにて勝利した際、「勝利賞」として株式会社TESS様より車いす1台を贈呈いただいており、宮城県内の病院や福祉施設、支援学校やデイサービスセンターに寄贈しております。
2010年からスタートしたこの活動は今年で10年目となり、寄贈数は今回で51台となりました。

すでに当施設では、COGYを利用しており、入居者の方々のリハビリに活躍しています。
式を終えると、せっかくの機会ということでベガッ太へ質問タイム。年齢に話が及ぶと「1999年生まれなのに12歳なんですか」という質問が寄せられますが、そこは「数字に惑わされるな」と、さすがの答えで会場の笑いを誘っていました。

質問タイムに続いて行われたふれあいの時間では、入居者の方はもちろん、施設の方からもサイン攻めに会うベガッ太でした。

ただいまベガルタ仙台では、寄贈を希望する施設様を募集中です。みなさまからのお問い合わせをお待ちしております。

【寄贈についてのお問合せ】
株式会社ベガルタ仙台 運営・地域連携本部 地域連携課兼復興支援室 TEL:022-216-1021

【製品の特徴・概要についてのお問合せ】
株式会社TESS TEL: 022-353-9707 HP:http://www.h-tess.com/